自分の健康は自分で守る、セルフメディケーションの提案

既に始まってしまった超高齢化社会の中で、自分の健康づくりを医者任せではなく自分自身が自分の体調を計りながら自分にあった方法を見つけてコンディショニングを整えてゆく「セルフメディケーション」の重要性が唱えられています。そしてこの「セルフメディケーション」を健康づくりの基本として、それを補うものが医療であるならば超高齢化社会にあってもこれ迄の医療制度を守ってゆく事ができるのではないかと思っています。

私達は「You are what you eat」をテーマにセルフメディケーションの推進を1つの目的として「ファイト!!マルシェ&カフェ」をオープン致しました。 私達のからだは私達が食べたものでできています。新陳代謝を繰り返す人間のからだにとって病気を作るも健康を作るも自分が食べるもの次第という紛れもない事実の中でセルフメディケーションを推進してゆく為に、健康に導く食事の提案を行ってゆきたいと考えています。そしてもう一つセルフメディケーションを進めるものとして提案してゆきたいものがあります。「You are what you eat」に確かに含まれているであろう、ハーブ(薬草)茶などの飲み物の存在です。

食事のバランスを考えながら、ハーブ(薬草)をうまく活用していく習慣

古来より人は野山を駆け回り、薬草を採り病気の治療に役立ててきた歴史があります。柳の樹皮からサリチル酸を発見し、さらに今も使われている医薬品の中でも植物から抽出されたものはたくさん存在しています。まさに「草冠」に「楽」を重ねた「薬」という漢字こそがセルフメディケーションの為に人が草に体の不調を癒やす効果を求め続けてきたあかしではないでしょうか?

 

セルフメディケーションを行う中で大切にしたい考え方は、漢方の「陰陽論」です。特に薬膳では陰の食材と陽の食材を組み合わせて料理を作ったり、陰の料理と陽の料理を一緒に食べる事でそのバランスをとり、いわゆる「中庸」(ちゅうよう)の状態を求めてゆく事が健康づくりには欠かせない事とされています。その様な食事のバランス(中庸)を考えながら、さらにハーブ(薬草)をうまく活かしおいしいハーブ(薬草)茶を選び、いただく事が一つの習慣となれば楽しみながらセルフメディケーションを進めてゆけるのではないでしょうか?

「ファイト!!マルシェ&カフェ」では、この度「エルボリステリアハーブガーデンKASHIWARA」を立ち上げハーブ(薬草)の知識の普及とおいしいハーブ(薬草)茶の開発を行って参りたいと考えております。ハーブ(薬草)茶が皆様のセルフメディケーションを進め、楽しく元気に長生きできる「健康長寿」を実現していただける一助になれる様努力して参ります。御愛顧の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

SHOP INFO

マルシェ&カフェ ファイト!!

〒582-0007
大阪府柏原市上市1-2-2 アゼリア柏原411
TEL: 072-929-8344
営業時間:平日・土曜/9:30~18:00  日・祝休